教育方針についてはそれぞれの家庭によって異なりますが、近年は特に小さな頃から教育に力を入れ、様々な能力を引き出していける環境を与えたいということで、小学校受験をする家庭が多くなりました。私立の学校は、それぞれが独自の教育方針のもと、子どもの潜在能力を引き出し、学力体力を上げていくことに力を入れています。また、私立の学校の最大の良さは、そのまま大学まで行けるという場合が多いので、厳しい受験戦争に惑わされず伸び伸びとした成長過程を得られるということにあります。それぞれの学校独自の特色と各家庭の教育方針が合うことで、安心して我が子を任せられる安心感や個性を伸ばす教育を受けさせることができます。それなりの費用は掛かりますが、それに値する教育が受けられることで多くの保護者が小学校受験をさせるということを希望しています。

日々の生活の中で気を付けること

小学校受験をするためにはまずは日々の生活の中の習慣をきちんとしていきます。受験ではペーパーテストの他面接が重要になります。言葉遣いや所作などが合否に関わります。子どもは普段の生活の中で様々な事を吸収し、それを自分のものとしていきますが、面接の時だけ取り繕うということはできません。そのため、日々の生活の中でしっかりと身につけさせ習慣化していくことが大切なのです。そして、子どもの最大のお手本は親です。子どもだけに覚えさせるということはできません。親が見本となり普段の言葉使い、行動を正していく必要があります。それが強制的ではなく自然に身に付くことで子どもの人柄というものが出来上がるのです。そして、日々の生活の中で様々なことに興味を持たせる環境を作っていくことも大切なことです。

受験のためのお教室に通わせること

私立の学校は独自の方針によってその受験のポイントが違ってきます。合格は選ばれた子供がつかみ取れるものです。それを可能にするためには小学校の受験に精通した教室に通うことが必要になります。子どもは受験というものをしっかりと理解することはなかなか難しいことがあります。教室は、子どもの学力的な能力や身体能力を受験に必要なレベルに引き上げていくことが出来る場所です。そして、そこで得られた成功体験を自信につなげ、できなかったことに対して頑張り抜く力を身に着けていくのです。教室で習ったことを確認し、さらに完全的なものにしていくには家での復習や予習が大切です。親子、家族が一丸となりそれをやりこなしていくということが大切なのです。また、小学校の受験は親の受験でもあります。面接なども親子で行います。親の受験に対してのサポート、アドバイスも教室では行っています。