小学校受験では子供の気持ちを尊重することがまず大切です。子供が受験に乗り気でない場合は、強制的に受験をさせてはいけません。子供が嫌がっても、将来のためを思ってという口実で、受験させようとする人がいますが、これは避けた方が良いです。強制的に受験をさせると、子供の心を傷つけてしまいます。子供の意欲を引き出すことも大切です。どんな子供も勉強したい気持ちを持っています。これを引き出すことができたら、受験に成功します。そのためには、まず環境を整えることが必要です。両親がテレビに夢中になっているような家庭では、子供の勉強に対する意欲は損なわれてしまいます。できるだけ本を読むようにして、親自身も受けさせたい学校の過去の試験問題を解くようにしましょう。

子供の意思を尊重して受験勉強を始める

小学校受験をするときは、十分な準備が必要になります。入試に出題される問題は難しいこともあり、準備を十分にしていなかったら、正解できません。子供は遊びたい気持ちも持っているので、受験勉強をさせるのが難しいときもあります。そんな場合は、勉強を強制してはいけません。子供に受験のことをさりげなく話して、勉強に関心を向けるようにします。いきなり漢字を覚えさせたり、計算問題をするのは避けましょう。受験に成功するためには、覚えなければならないこともあります。しかし、無理やり暗記させても子供の頭の中に入っていきません。一緒に勉強しようと誘うように始めることが大切です。その上で、クイズ形式にして、覚えることを子供に伝えます。そして子供が覚えられたら、十分にほめます。ほめることによって、子供の意欲を高めることができます。

子供が勉強をできる環境を整える

子供は親の行動をよく見ています。親が口うるさく勉強するように言っても、親自身がだらけた生活をしていれば、子供の意欲は低下していきます。大切なことはテレビを見過ぎたり、ゲームに熱中しないことです。親も知的な生活を送るようにします。具体的には本や新聞をよく読んで、読んだことを子供に分かりやすい言葉で伝えます。小学校受験では親の面接もあります。面接のときに、一般常識に関することや教育方針などを質問されます。その時にうまく答えるためには、日頃から本を読んで教養を高めることが必要です。また受験する学校の過去問にも目を通しておきましょう。もし可能だったら、問題を解いてみましょう。自分で解くことができたら、子供に教えられます。また子供は親を尊敬して、親の言うことに耳を傾けるようになります。