今や受験は高校からではなく、小学校から将来を見据えるために小学校受験をすることも珍しくありません。しかし小学生といえば心も考え方もまだまだ未熟なのが当たり前ですから、子供のために良かれと思って行った行為がかえって子供を苦しめてしまうなんてこともよくあるのもまた事実です。親の勝手な思い込みや願望で大事なお子様が傷付けてしまわないためにも、親には知っておかなければいけない心構えがあります。一番始めにあくまで受験はお子様のためにするのであって親のプライドや優越感のためにするのではありません。そんなのは当たり前と思う方もいらっしゃると思いますが、これが実はわかっているようで理解していない方が多いのです。いつの間にかお子様のための受験が自分のための受験へとすり変わってしまう、そんなことのないようにここで受験前の心構えをしっかり理解しておきましょう。

まずは本人をその気にさせることから

小学校受験でありがちなことが親はあれこれ調べて一生懸命なのにも関わらず、当の本人であるお子様がすっかり蚊帳の外なんていうケースです。少し冷静に考えてみれば当然のことですが、受験に受かるために必要不可欠なのは本人のやる気です。調べることは親でもできますが受験を受けることはお子様本人以外できません。受験を受ける覚悟がある人間と、嫌々やらされているから受ける人間との間には大きな差が生まれてしまいます。それに無理矢理にやらせてしまうやり方では、最悪お子様その後の人生にまで悪影響をもたらしてしまう可能性まであるのです。ですから、このスタートラインだけは間違わないでください。本人がやる気になるまで根気強く説得して機を待ちましょう。間違っても強引な方法をとってはいけません。

子供だからといってあまく見るな

もう一つ、小学校受験において忘れてはいけない心構えは「お子様を一人の受験生」としてしっかり見てあげることです。具体的にはどういうことかというと、何事も本人が理解するまで話し合うことです。そうすることでお子様はしっかりと自分が「受験生」だということを理解する、それが大事なのです。子供の成長の早さは驚くほど早く、時に親の想像を遥かに超えますが、それには「本人のやる気」が必要不可欠な要素なのです。子供は自分に興味があること、やる気になったことに対して夢中になってしまえば後はどんどん知識や行動をマスターしていきます。そこまでのやる気を持ってきて維持させてあげることが親の仕事だと理解しておいてください。ここまで小学校の受験に対する親の心構えを述べてきましたが、お子様と親がお互いに勉強しながら受験に向かって進んでいくのが本来の望ましい姿だと言えるのではないでしょうか。